LTCM合同会社のモンスタースキャルFXは稼げるのか?

モンスタースキャルFX FX
モンスタースキャルFX

あぴ管理人です。

さて、今回取り上げる商材は【モンスタースキャルFX】になります。

「この商材はどうなの?」「稼げる?」「信頼できるの?」と、お調べになっていて、当サイトにたどり着いた方もいらっしゃると思います。一人でも多くの方の参考になれば幸いです。

モンスタースキャルFXの概要

まずは、ランディングページ(以降LPとします)より概要になります。

  • 決まった時間に一本足のローソクを見るだけ
  • シンプルトレードだけで月収100万
  • 忙しい方にも実践しやすい
  • 保有時間がスパッと短くメンタルに優しいロジック
  • 応用テクニックも豊富に解説
  • チャートに張り付く必要なし
  • FX初心者、未経験者の方にも安心

こちらはFXの自動売買ツールではなく、一本足のローソクのパターンをみて、エントリーするか判断するプライスアクションの手法を学ぶ商材のようですね。

では、実際にこの商材で稼げるのか見ていきましょう。

モンスタースキャルFXの特定商取引に基づく表記

販売業者 LTCM合同会社
URL https://monsterscal-fx.com/
所在地 東京都港区南青山2-2-15ウィン青山1302号室
電話番号 080-3442-3875
メールアドレス longterm@fx-ltcm.info

モンスタースキャルFXのネタバレ・評判・評価について

参考になるコメントをいくつか抜粋します。

証拠としては不十分

フォワード実績にモザイクが多く証拠としては不十分です。

出典 http://www.bakuroita.com/202106/m1stsc.html

 

勝率はさほど良くない

勝率はさほど良くないですね。とんとんくらいでスプレッド負けしそうです。損を取り返す手法もありますが、そこでの連敗も怖くて試せません。

出典 http://www.info-bonbon.com/investment/m1stsc.html 

 

理論的根拠がない

理論的根拠がないんですよね。
ローソク足が陽線なら買い、陰線なら売りという かなりシンプルな手法ですが
そこに優位性が本当にあるのか?がわかりません。

出典 https://money-information.red/monsterscal-fx

 

この手法だけで、相場に挑むのはギャンブルなのでは?

LPで強調されている「陰線だから売り」「陽線だから買い」これを繰り返すだけで儲かるとするのは流石に無理があると言えます。なにせ陰線が出た直後に相場が上がり、陽線が出た直後に下がる…なんてことはFXにおいて日常茶飯事だからです。

もし本当にこれだけで利益が出ているなら、それは単に運が良かったという事でしかありませんし、これだけで相場に挑むのはただのギャンブルでしかありません。

出典

 https://jill.fun/2021/03/29/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%ABfx-%E5%8A%A0%E8%97%A4%E3%83%A0%E3%83%8D%E3%83%92%E3%82%B5%E3%81%AE%E8%80%83%E5%AF%9F/

モンスタースキャルFXのまとめ

ここまで、ネタバレや評判を見た読者様はお判りかと思います。

【モンスタースキャルFX】は信用性に欠けるものとなっており、実際に稼げる商材と断定することができません。

サイトのLPにおいて、実績画像にモザイク処理が施されており、証拠としては不十分です。

また、LPで押し出されている、ローソクが「陰線だから売り」「陽線だから買い」という手法はネット上に転がっている手法ですし、この手法を繰り返すだけで儲けようとするのはさすがにギャンブルとなります。FXの世界において、相場が陽線が出た直後に下がる、陰線が出た直後に上がるということはよくあることだからです。

たとえ、どんなに優れた商材であったとしても、実績が信用するに値しなければ、購入は控えたほうがいいでしょう。

実際に稼げる可能性のある商材は実績の修正は行いませんし、データは長期間となります。もし、データの期間が短かったとしても、ロジックは公開しています。もし読者様が実際に商材の購入を検討しているのであれば、まず、下記を確認してみてください。

  • 実績に対して信用性がある。(重要な部分の実績を修正をしていない)
  • ロジックを公開している

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

あぴ管理人

タイトルとURLをコピーしました